医療費10万円超えたら確定申告して!

先日、歯が痛かったので歯医者さんに行ってきましたが、1度の診療で2,000円近くもかかり歯医者さんの診察費って結構高いですよね。
子供は医療証があるので医療費は安いのですが、毎月病院に行ったら結構な費用がかかってしまいます。
旦那も通院しているし、今年の医療費は10万円超えるかも?
支払った医療費から受け取った保険金や給付金を引いた額から10万円を差し引いた金額が控除できる金額で、年間の医療費が10万円以上なら医療費控除を受けることができます。医療費控除は共通の家計から医療費を支払っている場合、家族分をまとめて申告することができ、申告する時には領収書が必要になるので捨てないで保管しておきましょう。
近年では共働きしている夫婦が多いですが、申告をする場合所得の多い方で申告した方が還付される金額が大きくなります。
サラリーマンの場合には会社で年末調整してくれますが、医療費控除は年末調整では処理することはできません。
だからサラリーマンが医療費控除を受ける時には、自分で確定申告する必要があり、還付申告をしなければなりません。