虫歯治療の麻酔にはどんな種類があるか

虫歯はできれば避けたいものですが、お子様や若い方はもちろんのこと、大人になっても結構悩まされるやっかいなものです。
また、虫歯の治療が嫌いという方も非常に多いですが、その声の多くはまず歯を削るのが非常に嫌だということ、そしてもう一つが麻酔を打たれたときに非常に痛かったという経験です。
そんなできれば避けたいという声の多い虫歯治療の麻酔の種類について、せっかくですから少し調べてみました。
まず一つ目として局所麻酔法というものがあるようです。
これは結構多くの人が体験したことのある麻酔のようですが、歯茎に直接麻酔を注射する方法になります。
ただし実際には事 前に表面麻酔という歯肉に塗る麻酔を使って痛みを和らげられることが多いようです。
さらに、下顎の奥歯は麻酔が効きにくいことがあるようで、さらに神経に麻酔薬をいれることがあります。
二つ目として、精神鎮静法と呼ばれる麻酔法があるようです。
歯を削る音や振動などに対する不安感が強い患者さんにはリラックス効果の高い麻酔薬を使用して恐怖心や不安感を軽減することがあるようです。
この麻酔の場合には、例えば麻酔ガスを鼻などから吸引する吸入鎮静法という方法や、より高い効果を出すために鎮静薬を血管に注射する静脈内鎮静法と呼ばれるものもあるようです。
このように、虫歯治療の麻酔の種類にもいくつか用途や特長の違うものがあるようですの で、治療に不安があるようでしたら是非積極的に先生に相談してみると良いかもしれません。